スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっさり、栗羊羹ならこちらで!

皆さんは羊羹ってお好きですか?

2015いっぴん 壺屋さんなど

今回は、板橋本町の駅から歩いて5分くらいの小さな小さな和菓子屋さん、
喜屋さんに行ってきました。
板橋のいっぴんに選ばれたのは、栗むし羊羹。竹の皮に包まれているのが高級&伝統を感じさせます。

甘さ控えめと表記されてまして、でもじつは結構甘いものが世の中に多いので
用心(?)しながら口にいれたら….
あっ、本当に甘くない。
ほんのりさっぱりとした甘さです。
栗自体のしっとりとした歯ごたえと風味もあいまってとても良いバランスです。
これなら美味しく頂けそそう….と、お茶を用意して
食べてたら、もりもり三分の一以上食べてしまいました(^^;)。

むかし勤めていた会社の上司が羊羹が大好きで
機会があると1本をバナナのようにむいて(!)
もぐもぐと食べていました。
スニッカーズじゃないってば。

叔母の家に遊びにいったり、法事なんかがあると羊羹を頂戴する事がありましたが、
ねっとりとした甘さがちょっと...だし、会社で食べようにも分けるのが面倒だったりと
苦手なお菓子だったのですが....。

2015いっぴん 壺屋さんなど_0002

こちらのお店のなら、ジャスミンティーや麦茶などこれからの季節に
向いている爽やかな飲み物とも相性が良いし、ギフトでも見栄えがするんじゃないかしら。
羊羹苦手!の方にぜひ試して頂きたいです。
男性にも受けると思いますよ〜。


喜屋
火曜定休
清水町24-7
03-3962-2997



スポンサーサイト

板橋の花と同じ名前のお菓子。

2015いっぴん 壺屋さんなど_0001

二輪草という花をご存知でしょうか。
板橋の花に選ばれた、可憐な春のお花です。
名前の通り、ひとつの茎から二つの白い花を咲かせますが、
自生地は高原など山間が多いのですが、なぜか赤塚の
国道横の斜面にどっさり生えてまして、これが板橋区の自慢(^^)
なのです。

で、今回ご紹介のニリン草
板橋本町の壷屋さんの
焼き菓子です。
もちろん、二輪草をすりつぶして生地にいれてあるという訳ではありません。
ゴマ風味の白あん(これが美味しい!!)を包む生地に
可愛らしい二輪草がかたどられています。
ちゃんと二輪になってるし型を作るの大変だったろうな〜と思います。

ほっくりした歯ごたえと、奥行きのある味わいが
お茶よりも紅茶やウーロン茶に合いそうな感じ。
美味しいからあっという間に食べちゃいました。

パッケージにも二輪草がイラストされていて、それも可愛い♪
お店には他にも大福や各種おまんじゅうがあり、
目移りしてしまうかも....。

2015いっぴん 壺屋さんなど_0003



壺屋
日曜定休
本町40-11
03-3961-6626



ご近所さんに愛されるベーカリー。

2015のぐちや_0001

やっとこ再開しました、板橋のいっぴん巡り。
良く考えたら、今回ご紹介のパン屋さん「のぐちや」さんは
私の家から近いんですよね。
それなのに、こんなあとになっちゃってスイマセン(^^;)。

さてさて、前置きはこれくらいにして
こちらのパン屋さん。
成増や下赤塚の駅から離れてます。
近くには松月院というお寺や東京大仏、ボローニャ国際絵本展で有名な
板橋美術館などがありますが、あくまでも普段使いの
ご近所のお客さん中心のお店だと思います。

そんな決して人通りがよい訳じゃない道路沿いにあるのに、
イートインスペースまでちゃんとあって、パンの種類もとても豊富です。
いっぴんに選ばれたのは食パンですが、悲しい事に
私が食パンが食べれない事もあって、クリームパンと
シナモンロールを頂きました。

クリームパンと言うと、ツルッとした生地のモッチリ系のパンのイメージですが、
こちらはメロンパンのようなさっくりとした生地に、程よい甘さの
カスタードクリームが入ってます。
だからか、食べた時の歯ごたえと言うか満足感が高いですね。
シナモンロールは、渦巻き状のデニッシュ生地からシナモンの香りが
ほわっとしてきて、とても幸せ(^^)。
上にかかっている、グレーズもストレートの紅茶が美味しく頂ける
濃いめの甘さ。
どちらも大きい割に、油っぽさなどくどくないので
ぱくぱく食べれちゃいます。

ほかにも、目移りするパンがいっぱい。
なんといってもコーヒーも飲めちゃうから、休憩できるカフェなど
皆無のこの地域にはとても重宝できるお店です。

2015のぐちや


のぐちやBakery
赤塚5-1-1
木曜定休
03-3930-0050

人気の餃子はここで食べる。

2014とんとん餃子_0001

餃子って食べ物を考えた人は、この現代でこんな人も人気の
食品(料理)になるとは思ってなかったでしょうね。
いわゆるB級グルメでも色んなスタイルの餃子が出ては消え、
中華の枠だけにとどまらず、居酒屋メニューなんかにも
必ずありますし、専門店まであるという、カレーやラーメンとともに
切っても切れない「日本食」になってます。

私の友人は餃子が大好きで、わざわざ宇都宮に行って
あれこれ食べ歩きをするのだそうです。

そんな事しなくても、板橋にだって美味しいいっぴんはあるのですよ!

それが今回ご紹介の「天宝」さんのとんとん餃子。

高島平の駅を、街道側でないほうに出て、ケイヨーD2の
向かいに可愛いお店があります。
一見中華屋さんというビジュアルではないのですが、
しっかり看板が出ているので安心して入店してくださいね。

もちろんお店でも頂けるのですが、焼いたのをテイクアウトする事も
冷凍でもお分けしてくださいます。
私は帰りにちょっと寄るところがあったので、冷凍を頂きました。
ちゃんとレシピも入ってます。ラー油とお醤油の小袋も(^^)。

自宅で開けると、まるで三日月のような美しい形の餃子が6個鎮座してます。
あまりに形がシュッときれいなので、焼く時崩すのではないかと
ドキドキに。

案の定、少し返しが下手で崩れました。
せっかくのもちもちとした皮がー!

あんは野菜が多めでくどさがありません。
実はギトギトした餃子が苦手なのでこれは嬉しい(^^)。
かといって物足りないという事もなく、ラー油の油と
皮のモッチリとした食感も相まって、パクパクいけちゃいます。
1個は焼かずに中華風味のお吸い物と合わせて水餃子風に
してみましたがこれも美味しい。
皮が特に厚めなので、粉ものが好きな方は嬉しいのではないでしょうか。

2014とんとん餃子


もちろんお店ではフツーに定食やラーメン、野菜炒めなどの単品も
揃っていて、お客さんは新聞を読みながらビールのつまみに餃子を
つまんでいます。

平和な午後~って感じですね。

中華料理 天宝
高島平9-20-13
火曜定休、月曜(祝日以外)は午後3時まで
※午後3時から5時まで休憩
03-3937-8744



バランスの良い自家製の漬け物を。

2014坂井善三さん

どうでもいい事ですが、私のネット上のニックネームが「漬け物」なんです。
他の人とダブりにくい....というのもチョイスの理由ですが、やはり、
漬け物が好きなんですね。食卓にはいつも数種類の漬け物が並びます。

そんな私の心をわしづかみにするのが、今回訪問しました
坂井善三商店さん。
中板橋の駅からほど近い商店街の中にございます。
最近、改装されたようで、外観はシックな小料理屋さん風。
白地に菱形の藍染め意匠がきっぱりとして潔い感じです。

中は小上がりのような畳があり、そこに引退されたご主人が座ってお店を
見守っていらっしゃいます。
現在は代替りして、息子さんでしょうか、せっせと奥で作業されているご様子。

ぬか漬けやきゅうりや白菜の浅漬け、変わったところでトマト、なんてのも
ありました。どれもスゴ〜く美味しそうです。

2014坂井善三さん_0001

私は普通の、ゆずが入った白菜の漬け物を頂きました。

これが美味しいのですよ!!
封を開ければ柚子の香りがすーっと。
塩加減もくどくもなく浅くもなくちょうどいい案配。

京都のようなこざっぱりとした漬け方ですが、あちらさんみたいに
浅すぎ(上品すぎ)て、サラダになってしまいご飯の友にならないものが
多いのですが、坂井さんの漬け物はその辺りをきちんとこだわっていらっしゃるみたいです。
辛くないし、ご飯のうまさも行き立ててくれますよ。

面白いのは、このお店の「新聞」がある事。
毎日起きたあれこれなんかをちゃんと印刷してお客様に頒布されてます。
新製品の紹介やクーポンが付いてたりと面白く読むだけでなく得もします。
若い人の柔軟な発想ですね(^^)。

そうそう、このお店の回りはおでんや総菜など昔ながらの
お店も沢山残っていて、とても楽しめます。
ぜひ遊びがてら足を運んでみて下さい!

(有)坂井善三商店
中板橋15-13
火曜定休
03-3961-8924



プロフィール

yuka

Author:yuka
水彩スケッチ講師のyukaです(^^)。
散歩や旅先で出合った風景などをお絵描きしながら過ごしてます。
日々感じる色んな事も含めて、脱線しながら綴っていきたいと思いますので
よろしくお願い致します〜。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。