スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下赤塚のいっぴん ふわっとどらやき

2013鉢の木のふわっとどら焼き

数年前まで、お昼ご飯の後は必ずどら焼きを食べてました。
洋菓子と和菓子のいいところをぎゅっと詰めた感じの、
日本を代表する(?)スイーツですよね(^^)。
なんといってもドラえもんの好物ですし。

で、ふわっとどらやきです。
下赤塚駅から、フランス製菓さんとは反対側の出口(といってもすぐ近く)にある
和菓子屋「鉢の木製菓(株)」さんの商品です。
フルネームはね、夢にのせて ふわっとどらやき です。
こだわりがあるでしょー!?

普通のあんこ以外に、小豆クリーム、抹茶、そして何とラムレーズンなる
オリジナリティある大人味まで揃えております。
ふわっと、と、いうだけあって、生地が柔らかくて食べやすい。
もふもふしないの。
渋い煎茶が欲しくなる〜〜!
ラムレーズンは、そんなに違和感なく、ほんのりラム酒の香りがする感じなので
ビビらなくても大丈夫。レーズンとの相性もいいみたい。

デモ私はやっぱりつぶあん。
絵を描くために、半分に割ってレイアウト決めてる時も、一刻も早く
食べたくて辛くなりました(^^;)。

お店には、どら焼きだけでなく沢山おまんじゅうや羊羹などもあるので、
その日の気分でチョイスできます。
店主もニコニコと応対のよいお店です。
2013下赤加賀屋

鉢の木製菓(株)
赤塚新町1-21-10
年中無休
03-3939-1025


2013/12/29
お店にブログの告知とポストカードをお持ちしたら、とても喜んで下さって
お菓子を分けて下さいました。
しっとり上品な芋羊羹とゴマ風味のまんじゅう、きな粉がかかった
わらび餅。どれも美味しくありがたくお腹におさまりましたよ。
どうもありがとうございます。
2013ナカイタ団子や_0001

スポンサーサイト

おフランスな(?)大仏サブレ

2013フランス製菓店舗
皆さん、東京にも大仏があるって知ってましたか?
知っている人は知ってる、一部では非常に(?)有名な大仏様なのです。
場所は赤塚の乗蓮寺。1977年に震災や戦争が起きない事を祈願して作られました。

で、その、ありがたいお姿をサブレに写し取ったのが、今回ご紹介の
フランス製菓さんです。
下赤塚駅を出てすぐの、洒落たトリコロール配色のお店です。
地元密着型の、こだわりのスイーツが種類豊富に並んでて、選ぶのに迷ってしまいますね。

で、大仏サブレです。
こんがりと焼かれた黄身色のクッキー素材に、なかなか写実的な大仏様が
鎮座(型取り)してらっしゃり、仕上げには荒目のお砂糖がキラキラ、降り掛ってます。
ついいつもの癖で、ぱきっと二つに割りそうになりますが、一応仏様なので
遠慮がちにガブリと肩からいただきました(^^)。
さっくり、安心の優しい味です♪結構大きいので食べごたえもありますよ。

他にもマドレーヌなど軽いスイーツもあり、私はアーモンドチュールののった
ケーキを一緒にいただきました。こちらもむちゃ、香ばしくって美味しかった!
2013フランス製菓の大仏クッキー

フランス製菓
赤塚2-2-5(下赤塚駅すぐ)
年中無休
03-3930-2255


ゼイタク煎餅と重盛の人形焼

2013萩&ゼイタクせんべい_0001

東武東上線の成増駅から北口を出て、約7分。
住宅街の中に人形焼きの老舗、古城商店さんがあります。
といっても、看板はゼイタク煎餅となっているんですけれどね。
こちらは水天宮にある重盛の人形焼きから、のれん分けして
いただいたお店のようです。
七福神の顔をかたどった、人形焼きは昨今の「甘さ控えめ」な
あんこでなく、砂糖のうまみを存分に味わえるしっかりとした味わい。
お茶請けには本当にもってこいです。

他には、あんが入ってない一口タイプの人形焼き(ひょうたんなど可愛い!)や
和風ビスケットの雰囲気がある、甘い煎餅もあり、地元の方に
とても親しまれてます。
人形焼きが入った木の箱は年季が入っていて、箱だけでも食べれそうな
飴色になっています。
いつまでも続いてほしい、下町のお店です。
2013人形焼き

ゼイタク煎餅と重盛の人形焼
成増4-13-33
月1回不定休
03-3938-8267

喫茶「萩」のチョコレートケーキ

中板橋駅から環七を通って、団地が立ち並ぶ住宅街に
ぽつんと手作り感のある喫茶店「萩」があります。
ご自宅の庭にベンチスペースを設け、グリーンのアーチを
作って、夏場はちょっとしたオープンエアーなカフェタイムが
楽しめそうな作り。
2013萩&ゼイタクせんべい


こちらには、奥様がお作りになるチョコレートケーキが
板橋のいっぴんに選ばれてます。他にもオレンジなどのパウンドケーキもありますが、
やはり定番はチョコですよね!
スポンジと濃厚クリームが4層に重なられ、周りをチョコレートで固めて
カカオパウダーをふった1品。
口の中が幸せチョコレート♪になるので、ここはスッキリと
ブラックのコーヒーでいただくのが正解。
1カットで5センチ四方くらいあリます。380円。
2013萩のケーキなど_0003


不思議なのは、入り口に「そば」ののれんとメニューがある事。
お料理上手な奥様が、おそばも打つようになったんだそうです。
機会があればこちらもぜひぜひ。

喫茶 萩
富士見町27-19
日曜定休
03-3962-6472

厚焼きのお煎餅 加賀屋

2013板橋のいっぴん2_0001

中板橋の駅から5〜6分歩いたところに、昔ながらの佇まいをした
小さなお煎餅屋さん「末ひろせんべい 加賀屋」
があります。

店内は沢山のお煎餅でびっしり!
懐かしい感じの丸いガラスの入れ物にもおかきが入ってるし、
ザラメや海苔で巻いたおなじみのものも、いろいろあって
迷っちゃいます。
店内には、常連さん達とおしゃべりするためでしょうか、
イスと灰皿なんかあって、そこがまた、昭和な温かみを
醸し出してます。少なくとも、1袋に20枚といった、
フツーなパッケージングされたものはありません。

絵を描かせて下さいと話したら、日よけののれんをわざわざ
どかそうとして下さったご主人もいいひと(^^)。

お煎餅はお醤油味のバリバリ食感のベーシックなもの。
最近は、ソフト系が多いせいかこう言った堅焼きのものは
少なくなりましたね。ついでにごまが入った塩味風味の
お煎餅もいただいて、ほうじ茶と一緒にいただきました。
美味しかった(^^)。
2013末広せんべい1


末ひろせんべい加賀屋
双葉町13-17
水曜定休
03-3962-5833

第36回板橋農業まつり

東京23区なのに、農業まつりを開催するというのが
非常にローカルでしょ?
それだけ自然が豊富だという事なので(?)、正直言って吉祥寺や自由が丘みたいな
キラメキはありませんが、住みやすい街なんですよ、ハイ。
で、この土日は赤塚体育館や小学校のグラウンドあたりをどーんと使って、
神輿も出てきて、踊りあり&野点あり&けんちん汁無料配布ありと、なかなか賑やかです。
イラストで紹介している「板橋のいっぴん」も出張しているし、あちこち
買い食いしながら楽しく回ってきました。

2013板橋農業まつり

目玉なのがコレ↑
野菜で作った宝船。日曜には解体されて(整理券が必要だけれど)区民に配られます。
白菜、ブロッコリー、ネギにジャガイモ、サツマイモ、大根にカリフラワー、キャベツなど
こんなにどこで作ってたんだろうって思えるほど、種類沢山。
収穫の喜びをみんなで祝い楽しめる、二日間でした。

もちもちのクレープ「ピエロ」

屋根付きアーケード街としては古〜い歴史を誇る、大山ハッピーロード商店街。
その中程にこちらのクレープ屋さん「ピエロ」があります。
創業してから30年も経っているそうで、板橋区の高校生を中心とした、
庶民の買い食いアイテムとして不動の人気を得ています。
メニューは、チョコバナナのような甘いスイーツから総菜パン的なものまで
ざっと200種類!
店主は恥ずかしがり屋さんなのか、三叉路で目立つ場所にあるせいなのか分かりませんが、
カーテンのごとくメニューでぐるりを囲ってます。

久しぶりに定番中の定番、シンプル・イズ・ザ・ベストの「チョコスプレー」をいただきました。
300円でおつりがきましたよ、安っ!

よくある、パリパリでくんにゃりした生地でなく、もちもちの弾力ある皮が美味しい〜。
横っちょに申し訳程度ですがベンチがあって、そこに座り、待ちゆく人を眺めながら
美味しくいただきました。
アド街っく天国などの番組でも、よく取り上げられてる名店なので
大山にいらっしゃる事があったら、ぜひ食べて頂きたい!
2013板橋のいっぴん2

クレープ&ソフトクリーム ピエロ
大山町31-5(大山ハッピーロード内
火曜日定休12:30〜20:00

あ、関係ないけど、ハッピーロードからの脇道に「でぃらん」という
カフェがありますが、そこは私が昔バイトしてた店長さんのお店です。
ついでに宣伝しときます〜(^^)。

板橋のいっぴん「東京もなか」

もなかは、嫌いじゃないけれど上あごにくっついたり
してお茶が大量にないとケホケホするので、
お菓子として選ぶ事はあまりなかったけれど。

こちらの「東京もなか」
木下製餡というあんこ屋さんが製造販売してます。
初めからサンドされた形でないので、
好きなだけあんこを挟む事ができるのがうれしい。

それに、皮が香ばしい!
サクッと歯ごたえよく、焼き上がりのお米のいい匂いで美味しさ倍増。
あんこも程よいさらりとした甘さで、いくらでも食べれちゃう、
粒あんタイプ。
東京もなか


お店は、スケッチの通り、
「普通の家の玄関じゃないの?これは。」
って、そうなんです。
普通に素敵なお宅の玄関で販売しているんですよ。
工房は奥にあって、裏側に回るといろいろ作業に必要なものが
置かれた別玄関があります。

私が訪れた時はお正月用に皮の型を獅子舞にしたり
三方にしたりと工夫されていらっしゃいました。
可愛らしい女性が丁寧に対応して下さるので、
安心して玄関をたたいて下さいね。
ここがお店の入り口


〒173-0034 東京都板橋区幸町41-11 
03-3955-5529
(有)木下製餡
プロフィール

yuka

Author:yuka
水彩スケッチ講師のyukaです(^^)。
散歩や旅先で出合った風景などをお絵描きしながら過ごしてます。
日々感じる色んな事も含めて、脱線しながら綴っていきたいと思いますので
よろしくお願い致します〜。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。