スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青春の味(?)。白鳥のケーキ。

2014中板白鳥など_0003

高校の友人が、中板橋の弥生町に住んでいたので
二人でよく「白鳥」さんの喫茶室を使わしてもらいました。
その頃は、いわゆるカフェなんちゅー手軽なものがなかったから、
せいぜいモスとかマックとか一般的な喫茶店でおしゃべりをするんですね。
ケーキを食べるなら断然、ここのケーキでした。

友達が親と喧嘩して家出するっ!て泣いた時も、気になる男性の話や試験の事なんかも、
社会人になってからも、窓際の席から通りを眺めつつおしゃべりに興じていましたね。
猛烈に懐かしい〜〜。

今でも2回はカフェスペースになってますが、お店売りのが主になっているようです。
私はいっぴんに選ばれたバームクーヘン
記憶になくって、普通にショートケーキやチーズケーキばかり食べてました。
で、今回初めてトライ(^^)。

チョコがかかった2種類のバームクーヘンをいただいたのですが、どちらも
ブランデー(ラム酒?)の香りがして、ふんわり食べやすくてかなり美味しい!
子どもに食べさせるのは勿体無い、奥深い味です。
一時期、出来立てのバームクーヘンをお土産に買うのが流行ってましたが、
あれは柔らかすぎてシフォンケーキと差がないので個人的にはペケ。
その点、ここのバウムクーヘンは柔らかさの中に年輪感(というのか)を
感じさせて好きなタイプ。
オススメです!

2014中板白鳥など


欧風菓子 白鳥
弥生町31-15
水曜、正月、夏季休み
03-3958-4425






スポンサーサイト

安藤の炭火焼。

2014中板白鳥など_0001

中板橋の商店街にある、おせんべいの専門店、安藤製菓さん。
結構大きな店舗で、もしかして自社ビルかも。
中に入ると真ん中に丸い什器があって、そこに沢山のおせんべい&おかきが
並んでいるのですが、この丸いところが非常にノスタルジーをかき立てて
くれるんですね。

私が訪問した時は、店頭でスタッフの女性がせっせと箱を作っていて、
こちらのお店はご贈答用としても、地元の方に利用されてるんだな〜と
思いました。

で、板橋のいっぴんに選ばれたのが「安藤の炭火焼 特選堅焼」
なんですが、スタッフの話によると、「安藤の炭火焼」の名前が入っている
商品全てが対象なんだそうです。
なので、海苔を巻いたものやザラメがついた甘いお煎餅なんかもいっぴん。
早い話がオリジナル商品ってことですね。

2014中板白鳥など_0002

いろいろあって迷っちゃうよ〜〜!!
と思いつつ選んだのが、桜やひよこ(はと?)・ひょうたんの形をした
青のりを混ぜ込んだおせんべい。
大きさも手頃で、海苔の香りも香ばしく1枚2枚と手を伸ばしてしまいます。
こたつに入りながらみかんとこのおせんべいがあったら、かなり古き良き(?)昭和の
ムードが味わえるんじゃないかと思いますよ(^^)。

それにしてもやっぱ、おせんべいは堅焼きがいいですね。

安藤製菓(株)
中板橋14-10
第2・4火曜定休
03-3964-3211

みとうさんってだれ?

2014栄太郎など_0001

常盤台駅ロータリーの、マクドナルドのお隣に地元の老舗、泉屋さんがあります。
照明を落とし気味にしているので、一瞬営業しているのか分かりにくいかもしれませんが
大丈夫、元気に開店してます(^^)。

入り口が小さめ(?)なので小作りかと思ったら、奥に長いお店で商品も
バラエティに置いてあるので迷っちゃう〜。

で、板橋のいっぴんに選ばれたのが「みとうさん」という焼き菓子です。
始め、誰かの名前かな??と思ってたのですがそうではなく!
「御東山=みとうさん」という、昔のこの辺りの地名から来ているんだそうです。
へ〜〜!全然知らなかった。
それにこのお菓子、パッケージの裏側に板橋音頭が書いてあります。

「ハア〜 花の板橋 ヨイトコラサッサ
住み良いところ
桜並木の石神井川に
情 ほのぼの かおる町
トコ 板橋 板橋 かおる町」

この音頭、盆踊りの時にかかる事が多いのですが
結構振り付け難しいのヨン。上手く踊れるとかっこいいの♪

って、そういう話じゃなくってお菓子の紹介でしたね(汗)。

2014泉やミトウサン

こちらは萩の月みたいなホイルに包まれた焼き菓子です。
でも、あんなに油分が多い洋菓子風でなくって、くちのなかでほろほろと
ほどけていく感じ。甘さもほっこりやさしいです。
紅茶・白あん・抹茶・コーヒーと、4種類あるんですが、普通に白あんでいただきました。

それにしても和菓子は時代に合わせていろいろフレーバー変えてますね。
紅茶はフィナンシェっぽいイメージがしますがどうでしょう。

(有)御菓子司 泉屋
常盤台1-2-2
不定休
03-3960-3677



焼き菓子が美味しい♪

2014栄太郎店舗
 
常盤台駅から川越街道へ出た所に、栄太楼さんがあります。入り口にピンクの番傘がさしてあって、とても艶やかな雰囲気なので
すぐ分かりますね。ちなみにこのそばにある天祖神社も趣の良い、素敵な神様がいらっしゃるところなので
立ち寄って下さいね。
で、栄太楼さんは和菓子のお店です。季節の生菓子やお赤飯なんかもあるようですが、板橋のいっぴんは
下赤塚のさどやさんのところでも紹介した「お伝え最中」を販売してます。
なので、今回はダブらないよう「志野」という人気のお菓子を紹介しますね(^^)。
こちらは全国菓子大博覧会で大賞を受賞したという、誉れ高い逸品です。
いわゆる焼き菓子ですが、面白いのは小倉のあんの中にラムレーズンが混ぜ込んであったり
栗あん&栗の組み合わせだったりと、読むだけでよだれが出ますね(^^;)。
女は栗とサツマイモに弱いのです〜。


2014sadoyaなど_0002

小倉は黒ごまが振られた丸いデザインで、栗あんはまんま栗の形ですね。
それに皮が美味しいの!
実は、私は皮好き(パンの耳やシャケの皮、鳥の皮も)で、焼き菓子の皮だけを集めたものを
食べたいな〜といつも思うのですよ。
やっぱり香ばしさがいいんですよね。ほんのりと甘みが口で広がるし、アンコのパンチの効いた
風味が後追いでやってくるのでこういうベーシックな和菓子はいつでもそばにおいておきたいところです。

(有)栄太楼
南常盤台1-39-3
日曜定休(行事日は営業)
03-3956-3057


民話を描いた和菓子。

長い事(?)、板橋区に住んでますが正直言いまして地元に伝わる
昔話というか民話というか、そういうものを全く知りませんでした。
そもそも、民話がある事自体知りませんでしたよ(^^;)。
学校でも地域に住むお年寄りも教えてくれなかったし。

で、実はあった板橋の民話をモチーフにした最中が販売されてます。
和菓子のお店が八店舗集まって、みんなに喜んでもらえるお菓子を
作る事にしたのが「板橋和趣会」という組織。
そのうちの一つが今回ご紹介する下赤塚にある「さどや」さんです。

2014sadoyaなど

板橋お伝え最中という名称を付けられたこの最中は5種類あって、
白ごま・小倉・抹茶・あんず・さくらと
なかなかバラエティに富んでます。
形もそれぞれの民話から取ったもので、例えば、仏様を信仰していた百姓が
田植えの準備が間に合わなかったのを、お地蔵様がコッソリ手伝ってくれたりしたお話は
可愛いお地蔵さんの形になってます♪

2014sadoyaなど_0001

他にも仙人が登場したり、龍が現れたりするお話をしっとりやさしい餡で
作った最中があって、みんなでシェアすれば話が弾むこと請け合い。
お茶請けとしてもちょうどいい甘さと軽さだしね。

もちろん、さどやさんには他にも沢山の和菓子があるので、
選ぶ楽しみもいっぱい。私が訪れた時は年末だったので紅白ののし餅を
店頭で販売していました。ちょっとモダンな入り口にセンスを感じるお店は、
下赤塚駅からすぐの商店街の中にあります(^^)。


(有)さどや
赤塚2-9-2
火曜定休
03-3930-4275



お茶請けに最高〜、栗最中♪

2014田中や支店 栗も中

成増駅の商店街は北と南に分かれてて、いわゆるスキップ村と呼ばれる、
ダイエーや吉野家やマツキヨなんかがあるのが南口。
線路を挟んだ、(どちらかというと)成増団地の方面へ流れていくのが北口。
北口商店街は、昔ながらのお店と地味目ながら洒落た店もぽつぽつできていて、
ディープなファンが多い穴場ゾーンなのです。

その商店街を下って、もう少しで白子川という手前に「田中屋支店」があります。

ん?
田中屋さんって前回紹介しなかったっけ?

そうです。その田中屋さんの支店なのですが、長寿庵みたいにお店それぞれの
個性があるので支店といってもひと味違うらしい。
別のお店と思って構わないかと思います。

で、こちらのいっぴんは「栗最中」。
ご覧の通り栗の形をした最中に栗とアンコが入っております。
栗が甘〜く煮てあって、アンコに負けない強さがあるから、渋いお茶が欲しくなるんですよ。
食べてると、何となくホッとする懐かしい「甘味」なので、疲れた時にも
いいかも(^^)。

2014田中や支店など

他にもいろいろ、お団子とか売ってますが気になったのは
無添加の甘酒。今度トライしてみるつもりです。

田中屋支店
成増-51-2
火曜定休
03-3939-3798

安心・安全な素材がウリ!

毎日口にするものだから、農薬や添加物の極力少ない食品を選ぶ、
という方がとても増えてきたと思います。
特に小さな子供がいる家庭だと、余計気になる事ですよね。
今回ご紹介するのは、ときわ台駅から天祖神社をこえて、ちょっと行った、
住宅街の中にあるかわいいクッキー屋さん「手作り屋」さんです。

2013手作りや

生協の生活クラブから取り寄せた素材を使用し、無添加にこだわったクッキーや
パウンドケーキが並んでます。そのクッキーの種類の多い事!
一般的なプレーンやチョコやアーモンドだけでなく米粉を使ったものや
野菜を入れたものなど、どれも美味しそうで選ぶのにとても悩みます(^^)。

私は今回、カボチャとレーズンのクッキーをいただきましたが、
さくっさくの軽さと、ふんわりとしたカボチャの甘みがとてもよい!
主婦グループで運営されているとのことで、だから、手作りらしい
くどくない美味しさがあると思いました。
私が買った時はちょうどクリスマスシーズンだったので、飾り付けや
特別商品なんかもかわいくカゴ盛りされてて、女性ならではの
気遣いがあり、それも心地よいものでしたよ。
2013中板橋 まめクッキー

手作り屋
南常盤台2-6-5
土日、祝日定休日
03-3530-3139


プロフィール

yuka

Author:yuka
水彩スケッチ講師のyukaです(^^)。
散歩や旅先で出合った風景などをお絵描きしながら過ごしてます。
日々感じる色んな事も含めて、脱線しながら綴っていきたいと思いますので
よろしくお願い致します〜。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。