スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香り最高、ブレンド珈琲。

2014アンレーブなど_0001


コーヒーを買って、自転車で帰るとき。
ずーっと前カゴのバッグから馥郁とした香りが漂ってきて、
それはそれは幸せなポタリングが出来ました。

板橋宿商店街にある、可愛らしいお店「珈琲工房 アンレーヴ」さん。
店の表にはナチュラルな板目の看板が、ガーデンチェアに乗っけられて
飾られてて、いかにも女性が好みそうな洒落た雰囲気を漂わせています。
お店の中で、小さいながらも喫茶スペースがあるので、すぐに
美味しいコーヒーを味わえますよ。

壁にはこだわりのコーヒー豆が並んでいて、それぞれどこの産地か、
味の特徴や珈琲農家の写真も飾ってあって選びやすくなってます。
今回頂いた板橋のいっぴん「縁宿ブレンド」は、マンデリンをベースに他に2種類の豆を、オーナーが
慣れた手つきでざらざらと混ぜ合わせ、希望通りに挽いて下さいます。
袋にきちんとパックしているのに、脳幹に響くようなふわーんとした
良い香りが漂ってきます!
マンデリンベースなので、苦みが強いかも?と思いましたが、酸味がほんのり
残るタイプで非常にマイルドです。
爽やかな後味なので、ブラックでたっぷり飲めそうな気がします。

2014アンレーブなど_0003

珈琲工房 アンレーヴ
板橋3-12-4
火曜定休
03-3579-7633



スポンサーサイト

ちょっと変わったチーズケーキ、シュッケ。

2014アンレーブなど_0002

チーズケーキと言うものがポピュラー商品化してずいぶん経ちます。
私が子供の頃は、今のように沢山の種類がなく、不二家の一般的な
チーズケーキ位しかありませんでした。(もしかすると沢山あったのかもしれないけど
ビンボーだったのでそれしか知らなかった)

チーズ自体が苦手な私でも、甘ーいスイーツになったとたん
食べれちゃうのだから不思議ですね。
レアチーズ・ベイクドチーズ・ニューヨークスタイル・スフレなど
数えたら切りがありません。

好みがいろいろあっても、今回ご紹介のシュッケなら、誰でも満足できると思います。
ドイツ語で「まだら」を意味するのがシュッケと言う言葉だそうで、
その通り、何層かに分かれた生地の上にそぼろ状になったクッキー風の
食感ものがちりばめられています。
ビスケットとスポンジ、濃厚ベイクドの層でしょうか、チーズのふんわりと
良い香りと香ばしいバターの香りが複雑に絡み合って、とても
口の中が贅沢になれるお菓子です。

グランディール・ジャポネさんは
春に店舗を改装して、とてもスタイリッシュな外観になりました。
本来はベーカリーなので、クロワッサンやデニッシュなどは当然、
オリジナリティ溢れる、つやつやのパンがずらりと並んでます。
ある意味、板橋っぽくないかも(^^;)。


2014アンレーブなど

三田線の板橋区役所駅からほど近い板橋塾商店街の中にあります。


グランディール・ジャポネ
板橋3-15-3
日曜・祝日定休
03-3963-0419




懐かしい、正統派のラーメン。

2014舟渡ラーメン

「板橋」と区の花「二輪草」の絵が描かれた地域色いっぱいのパッケージ。
中には二人分の麺と醤油スープが入ってます。

新板橋駅からほど近い珍来さんという中華料理屋さんで販売しているいっぴんが
ご当地名物 舟渡ラーメン

もともとは東京・荒川市民マラソンの時に、地元の麺製造業者さんが
模擬店で販売したのが始まりだという事です。

早速自宅で頂きました。
麺はストレートなタイプで中細。
わりと腰が強いので、煮込み系の調理にも耐えそうです。
こういった生麺タイプは、麺に強さが無いと損した気分になりますが
こちらはさすが麺屋さんが製造しているだけあって、納得のおいしさ。
醤油スープは、とんこつを効かせながらも正統派!と言った、
文句のつけようがないベーシックかつ程よい塩加減です。
載せる具材などを選ぶことなくオールマイティに引き立ててくれるお味。
香りも中華屋さんそのままで、食欲が一気に上がりますよ。

お店は普通の中華屋さんで定食や麺だけでなくチャーハンも
ありますので、(しかもボリューム満点)お店を利用しつつ、
お土産にラーメンを買って行かれるのも
良いかと思います。
自宅で手軽においしいラーメンが作れるんですから、うれしいですよね。
夜食にももってこいです(^^)。

2014舟渡ラーメン_0003

(株)中華料理 珍来(千尋)
板橋1-51-5-103
年中無休
03-3963-4147



こだわりの日本酒ぞくぞく!たなかやさん。

2014舟渡ラーメン_0001

街に出ると沢山の酒屋さんや居酒屋さんがあり、ありとあらゆるお酒が売ってますが
日本人にとって一番体に合っているはずの日本酒はイマイチ人気がないようです。
洋食がメインになってきている食生活の反映でしょうか。
とても残念な事と思います。
かくいう私は、余り飲めないけれど日本酒が大好きなんですよね。
なので、今回ご紹介の中山道平尾宿清酒縁むすびを頂くのを
楽しみにしてました。

お店は、三田線新板橋駅からすぐの、小作りな酒屋のたなかやさん。
年季が入って文字が判然と読めなくなっている看板なので、ちょっと分かりにくいかもしれませんが、
お店のガラス窓にずら〜っと銘酒久保田の瓶が並んでますので、大丈夫(^^)。
店主は特にこの久保田にこだわりがあるようで、新酒などの入荷時期や仕入れているお酒の種類など
詳しく書かれたリーフレットもおいてあります。
もちろんそれだけでなく、お眼鏡にかなった逸品が並んであって、どれにしようか迷ってしまいそう。

2014舟渡ラーメン_0002

いっぴんに選ばれた「縁むすび」は秋田の日の丸酒造さんに製造して頂いている、
辛口の純米酒です。
水のようなサラッとした飲み口にマスカットのすきっ!とした香りが素早く鼻と喉を
通り抜ける非常においしいお酒です。
辛口ならではの潔さがありながら、奥に深い甘みがあってグイグイ飲めますよ。
危険危険(^^;)!

お手軽な300mlサイズから販売されてるので、日本酒はチョト〜という方、
だまされたと思ってお試し下さい。


(株)たなかや
板橋4-46-6-101
日曜・祝日定休
03-3961-0345




プロフィール

yuka

Author:yuka
水彩スケッチ講師のyukaです(^^)。
散歩や旅先で出合った風景などをお絵描きしながら過ごしてます。
日々感じる色んな事も含めて、脱線しながら綴っていきたいと思いますので
よろしくお願い致します〜。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。