スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シューマイは崎陽軒でなく梨本さんで。

2014ナカシオ鮭など_0001

餃子を手作りしている人は多いと思いますが、シューマイを自宅で1から
作っている人って少ないんじゃないでしょうか。
一見シンプルに見えるのになぜなんでしょうね?
取りあえず、お店で買うのが当たり前ですが、横浜土産のアレでも構いませんが
今度は(有)梨本商店さんの
手作りのものを食べてみて下さい。

ここのシューマイ、薄皮に包まれたお肉のジューシーな香り、中華の調味料の独特なうまみも
加わってこれはお酒のアテにも良いのではないでしょうか。
辛子も良いですが、そのままパクリでも充分美味しいですよ。

2014ナカシオ鮭など_0003


梨本商店さんはお肉屋さんなので、普通に牛肉や豚肉の生鮮食品を
取り扱ってますが、ご飯のお供の総菜系も充実している大きなお店です。
小豆沢公園の先の商店街にあるので、ちょっと分かりにくいかもしれませんが、
ぜひぜひ訪れて見て下さい。
シューマイは金曜と土曜の二日間だけの販売なのでお間違いなく。


(有)梨本商店
小豆沢2-32-4
日曜・祝日定休
03-3965-1161


スポンサーサイト

定番だから離れても戻ってくるおかず....鮭の塩焼き。

2014ナカシオ鮭など

志村坂上駅をみずほ銀行の通りをまっすぐ行って、6分程度歩いた所に
今回ご紹介の和田屋食品店さんがあります。
お店の前には魚好きならよだれがじょろじょろ流れそうな、塩干ものと
珍味などの瓶がずらりと並んでます。左の出入り口のラックには
いろんなお豆さんもあって、昔ながらの食材を真面目に売っていらっしゃるのが
良く分かります。

藍染めされたのれんをくぐれば、そこにも色んな魚の加工品や切り身や
開きなどがあって、今日のおかずはどれにしようかとても迷います。

板橋のいっぴんに選ばれたのは、中塩さけ
ふっくらとした身の切り身がつやつやと輝いて鎮座しております(^^)。
この世には沢山の食べ物があって、365日被らずにおかずを選べる時代でも
ありますが、結局、シンプルで美味いものに戻ってくると思います。
鮭の焼いたのは、そういうおかずのひとつじゃないでしょうか。

早速、焼いて熱々のご飯と一緒に頂きました。
ちょうど良いあんばいの塩加減と鼻に抜けるうまみたっぷりの
鮭の香り。この香りだけでももう一杯おかわりできそう。
これからのシーズンは行楽におにぎりに入れて
青空の舌で食べるのも良いですね!
そういえば、おにぎりで一番好きな具が鮭だって聞きました。


2014ナカシオ鮭など_0002

やっぱり永遠のというか日本人のDNAに組み込まれた味なんでしょうね。
スーパーの鮭ばかりでなく、専門店の底力をぜひ食べて確認して欲しいです。


和田屋食品店
志村1-33-14
水曜日・12月無休
03-3966-6217



よだれが出ちゃうよ〜!揚げパン。

2014まるうまサンなど_0001

学校の給食で一番好きだったのは、揚げパンです。
コッペパンを油で揚げてお砂糖ときな粉をまぶしたものは、
その日にお休みのコがいると、残りを男子が取り合いになるほどの
人気でしたね。
そのせいか、各メーカーからも揚げパンがいろいろ販売されてます。

今回ご紹介のベリ・デリごはん まるうまさんは、三田線西台の駅から、ダイエーを通り過ぎた道向こうにお店を構えています。
若くて美人の女性がオーナーさんらしく、店名の通り、手作りのお惣菜も販売してますが、
食事処がメインのお店です。
最近、若い女性たちががんばってて、こういったヘルシーかつ気のきいた食べ物を
だすお店が増えてきましたが、こんな所にもあったなんて!

さて、板橋のいっぴんは、やはり手作りのあげパン
しかも、その場で揚げるという最高の状態で食べれます。
作り置きしたほうがお店にとってはラクなはずですが、手間をかけるだけでなく、
なんと3種類のパン生地(スタンダード・胚芽・パンプキン)と5種類のトッピング
(きな粉・シナモン・アーモンド・黒ごまウグイスきな粉・ピーナッツ)が
選べるのです!
早いはなしが15種類から、好きなものをその場でふわふわの揚げたてが
頂けるという、悶絶葛藤チョイスが出来るんですね。

2014まるうまサンなど_0002

で、私はパンプキン×アーモンドを頂きました。
パン生地がしっかり噛みごたえがありながらも、ふわんとやわらかく、
かぼちゃのきれいな色とほんのりとした甘みを感じます。
アーモンドはあくまでも香りが高く、どんどんどんどん食べれてしまいます。

恐ろしい、食べ物です.....。

聞く所によるとやはり、定番的なスタンダードの生地にきなこがけが
一番人気らしいですよ。
大人になったら揚げたての揚げパンを食べれる事は少ないので、
このお店は貴重です。
フツーのベーカリーにもシュガーツイストがありますがあれとは別物。
本当に給食のおいしさを味わえますよう。


ベリ・デリごはん まるうま
高島平1-55-10
月曜・祝日が休み、第3土曜から3連休
03-6786-5088



サバは偉大でした。

2014宮林商店など_0002

サバの味噌煮....。
言葉にするだけでも、よだれが溢れてきてしまいませんか?

そんな方は今すぐ、上板橋駅から川越街道へ通る商店街を
さくさく進んで、コモディイイダ手前にある
おかずやさんに行きましょう!

こちらは店名の通り、お弁当や総菜を販売している
可愛いお店です。
オリジン弁当や若菜と言ったデリがありますね?
あれと同じタイプのお店ですが、
もっと手作り感のあるアットホームなお店です。

で、いろいろサラダやコロッケなんかも販売しているのですが、
さばの味噌煮です。

たっぷりの甘辛の味噌で煮詰めたサバは溶けるように柔らかく
生姜の風味も相まって、思わずご飯おかわり!と元気よく叫んでしまいそうに
美味しい。やっぱり生姜のスライス、これが大事ですね。
サバの臭み消しなんでしょうが、これがあるのと無いのとでは
味の深みに大きな違いが出てしまいます。

2014宮林商店など_0001

普通におかずとして頂くのもいいのですが、結構たっぷり入った
この味噌ソースをご飯にかけたり、ちくわやはんぺんなどの
練りものと合わせてもウマウマ〜です。
ぜひお試しあれ!

おかずや
上板橋2-31-14
日曜定休、1/1〜4、月2回土曜休み
03-5921-2971



手作りならではの、おいしいらっきょう。

2014宮林商店など

中板橋の駅から川越街道側へ向かう通り、滝野川信金のそばに
今回ご紹介の(有)宮林商店さんがあります。
店頭にずらりと並んだペットボトル飲料や野菜などが目印になるかもしれません。
町の頼りになるお店屋さんと言った感じです。

奥の壁にはアルコール類が沢山並んでいて、もともとは酒屋さんがメインだったのかもしれません。
驚くのは、入ってすぐの所にお味噌が数種類おいてあって、量り売りをされているという事。
これは、余り見なくなってしまった販売方法で、ちょっと感動してしまいました。
そんなふうに、アットホームなお店ですが、板橋のいっぴんに選ばれたのは
手作りらっきょうの甘酢漬け
です。

実は私はらっきょうだ〜い好き♪。
カレーでなくとも食卓からまず欠かした事がありません。
という事で、ウキウキしながら頂きました。

らっきょうは鳥取砂丘の名物ですが、そこから取り寄せて、
おかみさんが丁寧につけたもので、旬があるので夏場(〜9月)までの販売になってしまうそうです。

2014宮林商店など_0003

工場生産と違って、粒が不揃いの大きさで平ったい形状をしています。
甘みと酸味のバランスももちろんですが、奥にある塩気が
絶妙な配合でモリモリ食べれます。
姉にお裾分けしたら、1回で15粒くらい食べてしまいました(^^;)。
それだけ美味しいってことですよね。
シャキシャキした歯ごたえも素晴らしい。

ダイエーやイトーヨーカドーのバイヤーさんが卸さないかと
打診にきた事があったそうですが、手作り故に数が納品できないので、
断ったそうです。

らっきょうは刻んでタルタルソースにしたり、炒め物にいれても
美味しく頂けるので、利用価値大です。
400gでの販売ですが、独り者や少人数のために
小さいパックを売って下さったらもっとうれしいな〜。


(有)宮林商店
仲町37-3
日曜定休
03-3956-6007





プロフィール

yuka

Author:yuka
水彩スケッチ講師のyukaです(^^)。
散歩や旅先で出合った風景などをお絵描きしながら過ごしてます。
日々感じる色んな事も含めて、脱線しながら綴っていきたいと思いますので
よろしくお願い致します〜。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。